暮らし

たばこについて

こんにちは。
健康推進課の保健師です。

本日は、たばこについてお話したいと思います。
禁煙したいけどなかなかやめられない、その依存性がたばこの怖いところですよね。
たばこには、4000種類以上の化学物質、200種類以上の有害物質、60種類の発がん性物質が含まれています。

早速ですが、みなさんは海外のたばこのパッケージをみたことがありますか?
↓これは、日本のものです。

%e6%97%a5%e6%9c%ac%e3%81%ae%e3%81%9f%e3%81%b0%e3%81%93

 

↓これは、海外で販売されているたばこのパッケージです。

%e7%84%a1%e9%a1%8c


喫煙の害はご存知だとは思いますが、実際に写真で見るのとでは怖さがまた違いますね。
新しい形のたばことしては、無煙たばこ(スヌース)や電子たばこ、新型たばこ(たばこ葉使用)があります。煙が出ないから大丈夫と思いがちですが、スヌースには高い口腔がんのリスクと高い依存性があります。電子たばこは蒸気から高濃度の発がん物質が含まれているといわれており、人体にどのような影響があるのかまだわかっていない状況です。

 %e7%a6%81%e7%85%99

 
禁煙には、たばこをやめるという本人の気持ちが大切です。
ただ、ニコチン依存症という病気は意志の力だけで治せるものではありません。
禁煙成功のために、禁煙外来に行くのもひとつの手だと思います。

↓木更津市内の禁煙外来の一覧

%e7%a6%81%e7%85%99%e5%a4%96%e6%9d%a5%e3%83%81%e3%83%a9%e3%82%b7

禁煙をして、自分、家族の健康を守りましょう!

Blog information

健康推進課市民向け健康情報

市民向け健康情報

健康推進課

市民の皆さまに役立つ健康情報を発信しています。

掲示板はこちら