暮らし

ご自分の血管は大丈夫ですか?

こんにちは、健康推進課の保健師です。

みなさん、ご自分の血管の状態を知っていますか?
これは、動脈硬化が進んだ血管を輪切りにした写真です。

動脈硬化写真

血管が詰まってしまい、血液がほとんど流れなくなっています。

 動脈硬化は、自覚症状がなく進行していきます。
動脈硬化により心臓の血管が詰まると、心筋梗塞となり、脳の血管が詰まると脳梗塞となります。

「胸が痛い」、「苦しい」、「頭が痛い」などの症状が出た時には、すでに血管は詰まっている状態です。
心筋梗塞や脳梗塞で倒れる前に、また自覚症状が出る前に予防することが大切です。

 

 写真のような血管にならないためにも、1年に1回健診を受けましょう。
健診では、血圧や尿検査、血液検査を行い、普段見ることのできない血管の状態を見ています。

自分の身体の状態を確認し、普段の生活を見直すきっかけとしましょう。

Blog information

健康推進課市民向け健康情報

市民向け健康情報

健康推進課

市民の皆さまに役立つ健康情報を発信しています。

掲示板はこちら